弁護士法人 淀屋橋・山上合同

弁護士等紹介

大川 恒星

大川 恒星 (おおかわ こうじ)

  • 大阪事務所 大阪弁護士会所属
取扱業務

労働、労働関連訴訟、人事・労務、訴訟・紛争、国際取引、コーポレートガバナンス、M&A、事業再生・倒産、不動産・環境、交通事故、家事・相続、債権回収、刑事事件

ご挨拶

 企業の皆様、個人のお客様からのご依頼を受けて、取扱業務のほか、医療過誤案件、証券取引紛争案件(訴訟・あっせん手続等)、知財案件等の多種多様な案件に取り組んで参りました。「特定の立場に偏ることなく、依頼者のために粉骨砕身全力を尽くす」「どんな些細なトラブルでも真摯に耳を傾け、適切なアドバイスを迅速に提供する」この初心を忘れることなく、弁護士人生を送りたいと思っています。

 中でも、労働案件に力を入れており、主には使用者側の立場で、日常的な労務相談、訴訟・労働審判等の法的手続のみならず、労働組合との団体交渉、労働局・労働基準監督署対応、M&Aや倒産事件における複雑な労務問題の処理、労務DDといった様々な案件に取り組んで参りました。一方で、労働者側の立場で労働案件に取り組むことも、しばしばございます。昨今は、「働き方改革」等をテーマに講演をさせていただく機会にも恵まれています。
 2019年7月から2020年5月に掛けて、UCLAロースクール(アメリカ・西海岸・カリフォルニア州・ロサンゼルス)に留学し、渉外案件の基礎たる英米法を習得しました。また、2020年1月施行の「ギグワーカー保護等を内容とするカリフォルニア州の新雇用法(AB5)」や「カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)」を含む現地の最新法令情報についても、情報収集に努めております。2020年11月の米国大統領選挙を控える中、新型コロナウイルス感染拡大を契機として、激動のアメリカを肌で感じることができたのは、貴重な経験となりました。 2020年秋頃から、アジア地域での存在感を増しており、今後、日本との結びつきがますます強まるであろうASEAN地域の法律事務所(インドネシア・ジャカルタの現地法律事務所)での研修を経て、2021年中に当法人に戻ってきます。

 謙虚に、誠実に、前向きに、向上心を忘れず、一層の精進を日々心掛ける所存です。

  • プロフィール
  • 著書・論文
  • セミナー・講演
  • ニュース
■学 歴
2003年 3月私立履正社学園豊中中学校卒業
2006年 3月私立灘高校卒業
2011年 3月京都大学法学部卒業
2013年 3月京都大学法科大学院卒業
2013年 9月司法試験合格
2013年11月錦天城法律事務所(上海)にて短期研修
2020年 5月UCLA(University of California, Los Angeles)School of Law 卒業
■職 歴
2014年12月 司法修習修了(第67期)
弁護士登録(大阪弁護士会)

※ 現在、留学中ではありますが、弁護士登録は維持しております。

■所 属
大阪弁護士会 労働問題特別委員会
大阪弁護士会 渉外実務研究会
環太平洋法曹協会(The Inter-Pacific Bar Association)
「Q&A 会社のトラブル解決の手引」
(共著)新日本法規出版(2016年~)
「従業員のメンタルヘルス」
大商ニュース・ビジネス法務(2018年9月)
「感染症リスクと労務対応」
ぎょうせいオンライン(2020年5月~)
「Q&A 感染症リスクと企業労務対応」
(共編著)ぎょうせい(2020年)
2019年 2月 全国社会保険労務士会連合会近畿地域協議会 主催 労務管理研修会
2018年 7月 当事務所 主催 「中小&ベンチャー企業のためのフリーランス活用の契約実務 ~フリーランスとの付き合い方、間違っていませんか?~」
2018年 3月独立行政法人国立病院機構奈良医療センター
「医療機関におけるソーシャルメディア(SNS)リスク・コンプライアンス研修」
2018年 2月 大阪府社会保険労務士会 主催 「長時間労働対策の実務~長時間労働による事業リスクヘッジのために~」
2018年 1月 大阪府社会保険労務士会 主催 「長時間労働対策の実務~長時間労働による事業リスクヘッジのために~」
2016年 4月 日本セーフティー株式会社 主催 「大家さんが知っておくべき民法改正のポイント」
2015年 6月 株式会社レオパレス21 主催 「空家等対策の推進に関する特別措置法について」