弁護士法人 淀屋橋・山上合同

業務内容

知的財産

近年、特許法、商標法、著作権法などの知的財産法が、多くの企業、研究機関等にとって、重要な法分野となっています。このことを踏まえ、当弁護士法人においても知的財産法を重視し、得意とする分野の一つとしています。 知的財産権に関する紛争の発生時には、高度な経営的判断が必要な場合が多く、そのためには信頼できるリーガルオピニオンの提供が不可欠です。当弁護士法人は、知的財産法をめぐる豊富な実務経験とノウハウを活かして依頼者の皆様に貢献し、機動的、かつ最適な解決を図るためのベストの体制を構築することを心がけています。 また、この分野では紛争を回避する予防法務が重要です。そのため、企業が抱える日々の問題にきめ細かく対応し、契約書の作成、検討、戦略的助言など幅広い法的サービスを提供しています。

各専門分野・領域

  • 訴訟、審判、交渉
  • 知財戦略立案
  • 海外知財関連
  • 知財関連契約
  • 出願関連業務