弁護士法人 淀屋橋・山上合同

Q&A

遺言・相続

Q1
相続法が改正されたと聞きました。改正の経緯と内容を教えてください。
Q2
相続法が改正されると聞きました。施行日はいつなのでしょうか?
Q3
相続とはどのようなことをいうのですか。また、相続はいつ開始するのですか。
Q4
夫が死亡したのですが、相続人となるのは誰ですか。
Q5
父が死亡した後、素行が悪く父に疎まれていた兄が、父の金庫から遺言書をとりだして破り捨ててしまいました。どうやら兄に不利なことが書いてあったようです。このような場合はどうなるのですか。
Q6
私も高齢になりましたので、そろそろ自分が死んだ後のことを考えるようになりました。私には息子が3人いますが、2番目の息子は、素行が悪く、非行をくり返し、その尻ぬぐいには多大な精神的苦痛を受けてきました。あとの2人の息子達はまじめですから、この2番目の息子にだけは私の遺産を相続させたくないのですが、何か方法はあるのでしょうか
Q7
亡父の生前に相当の財産を貰った者と貰っていない者があります。その相続分に差を付けないと不公平ではないでしょうか。
Q8
父が亡くなり、先日、弟と父の遺産の分割について話し合いをしました。弟は平等に二等分することを主張しましたが、私は納得がいきません。というのも、私と妻が父と父に先立って亡くなった母の面倒をみてきましたし、私が家を継いで農業を両親や妻とともに営んできました。父の遺産の中には、私や妻が築き上げたものが当然あるはずです。それにもかかわらず、二等分では不公平です。私や妻の貢献分は遺産分割に当たって考慮されることはないでしょうか。
Q9
遺産分割協議の方法について教えてください。
Q10
相続人のうちの1人が行方不明の場合は、遺産分割協議はどのようにすればよいのですか。
Q11
相続人間で遺産分割協議がまとまらない場合は、どのようにすればよいのですか。
Q12
父が亡くなりましたが、残された子供の間で遺産分割が成立するまで、私(長女)の生活資金が足りません。どうすればよいでしょうか。
Q13
相続の承認や放棄について教えてください。
Q14
夫が多額の借金を残したまま死亡しました。相続放棄の手続について教えてください。
Q15
相続人が存在しない場合、相続財産はどうなるのですか。
Q16
遺言とは何ですか。また、遺言をすることによって通常の相続と違うようにできるのですか。
Q17
遺言書を作っておきたいと考えているのですが、どのような方式があるのですか。
Q18
未成年者でも遺言することは可能ですか? また、夫婦2人で共同で遺言書を書いてもよいですか。
Q19
遺言にはどのようなことを書くことができますか。
Q20
父の死後、父の机の引出しから遺言書がでてきました。どうすればよいのですか。
Q21
複数の遺言書が見つかった場合は、どうすればよいですか。
Q22
遺言書を作ったのですが、どのように保管すれば良いですか。
Q23
いわゆる「相続させる」遺言とは何でしょうか。その効力についても教えてください。また、相続法改正によって、どのような影響があるでしょうか。
Q24
遺言執行者とは何ですか。
Q25
遺言執行者がいると、相続人は遺産を勝手に処分できなくなるのですか。
Q26
現行民法の「遺留分」とはなんですか?
Q27
相続法改正における遺留分制度の改正内容について教えてください。
Q28
夫が亡くなったのですが、夫と同居していた夫名義の自宅建物に今後も住み続けられるのでしょうか。配偶者の居住権はどのようにして守られるのでしょうか。
Q29
特別寄与料について教えてください。