弁護士法人 淀屋橋・山上合同

震災法律Q&A

←目次へもどる

はじめに

震災法律Q&A

(バージョン4:261問 原稿基準日2016年5月10日)

編・著 弁護士法人淀屋橋・山上合同

責任弁護士/
田積 司、米田 秀実、阪口 彰洋、上甲 悌二、藤川 義人、藤本 一郎、藤田 清文、
吉田 豪、森本 英伸

執筆弁護士/
古島 礼子、西田 恵、川井 一将、仲井 晃、白石 浩亮、大林 良寛、森田 博、
金 大燁、大場 規安、蜷川 敦之、木村 浩之、竹本 英世、佐藤 康行、
髙橋 理恵子、石原 遥平、山下 遼太郎、大川 恒星、玉置 菜々子、増山 健、
水井 大、堀内 聡、川井田 渚、上西 宏明

執筆社会保険労務士/
西脇 沙織

平成28年熊本地震において、お亡くなりになられた方々に対して心よりお悔みを申しあげますとともに、被害を受けられました方々に、心よりお見舞いを申し上げます。
平成28年4月14日午後9時26分から始まった、主として熊本県と大分県に大きな被害をもたらしている平成28年熊本地震は、これまでに震度7を2度も観測する稀有の地震であるだけでなく、今もなお規模の大きい余震が日夜を問わず継続し、鎮静化しない日々が続いています。
財産的な被害が拡大しているばかりか、被災された方々や関係者の方々が、今なお辛く厳しい状態に置かれており、そのご心労はいかばかりかと心を痛めております。 余震が収まること、被災された方々に支援が行きわたり早期に被害から回復されることを切にお祈りするとともに、一日も早い被災地の復興を願っております。

当弁護士法人は、東日本大震災発生直後に、当弁護士法人で法律ボランティアとして発刊した「震災の法律相談Q&A(第2版)」をもとに、ホームページ上でこれまで提供させて頂いていたサイト「震災法律Q&A」を、今般、緊急改定いたしました。
これらが少しでも被災された方々や関係者の方々のお役に立てばと存じます。

弁護士法人 淀屋橋・山上合同 一同